「私のカレは…」大型旅客機に恋した女性、近々ボーイング737と結婚予定!





世の中には、変わったものに愛情を向ける人々がいる。中でも「対物性愛」という性的指向の場合、人間や動物など命のあるものではなく、建物や車など様々な生物に対して性的に引きつけられてしまうというものだ。

有名なところではベルリンの壁と結婚してしまった女性や、エッフェル塔と結婚してしまった女性などの例が存在している。

こちらのミッシェル(Michele Kobke)という29歳の女性もまた「対物性愛」の女性だ。彼女の「彼氏」はなんとボーイング737の大型旅客機で「Schatz(ドイツ語で宝物)」というのだそうだ。




関連動画
Objektophilie: “Ich habe Sex mit einer Boeing 737-800”

馴れ初めはドイツのベルリン・テーゲル空港を彼女が訪れた時のことだったという。その時停まっていたボーイングに彼女は一目惚れ。翼やフラップ、スラスターにすっかり心を奪われてしまったのだという。




もっとも、愛する「Schatz」は大型旅客機のため、到底家には入らない。そのため、彼女は寝室に毎晩1.6メートルのモデルか彼のコンポーネントの1つを持ち込み、抱きしめて眠っているのだそうだ。

彼女は近いうちに結婚し、将来は同機の格納庫で「一緒に暮らしたい」と語っているそうだ。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©AIRLOVER737 / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る