人工ウィルスによるテロ防御の為、日本人の免疫力アップをサイキック

投稿  六花さん 

山口先生、スタッフの皆様こんばんは。時々番組に対する感想や意見メールを送らせて頂いております、六花と申します。いつも素晴らしいお話ありがとうございます!

先程 YouTubeにて人工ウイルスの番組を聞かせて頂きました。その中で、人工ウイルスに対するサイキックアタックをどうすればいいかというお話がありましたので、一つの参考として書かせて頂きます。




アベンジャーズ所属のサイキッカーの方の能力、それぞれの守備範囲などが分からない上での提案になりますので、見当違いな内容でしたらすみません。

今回、新潟が有力とのことでしたので、新潟にスポットを当てます。

サイキックアタックに対して攻撃的防衛をするというよりも、守備、バリア強化として、新潟の土地や人(自然霊などの力の底上げにもなります)のエネルギー全体を上げる為の守りアタックを仕掛けるのです。守りの力の共鳴現象を起こし、ウイルスが入り込んだとしても、感染が広がらずに済むかもしれません。

また、もし新潟ではなかった場合、〝日本人〟或いは〝日本(の国土)〟というフォーカスも良いかと思います。山口先生もご存知の通りYAP遺伝子を持つ日本人の共感力に共鳴させます。しかし、範囲や人数が広いとその分かなりのパワーがいるので、アベンジャーズの方のパワーでカバー出来る範囲を絞る方が得策かもしれません。(空港のある場合とか)




クリティカルマスとでも言いましょうか・・・テレビ他、多くのメディアで放送してくれて、全ての国民の意識が、良い意味での防衛に向けばかなり守りやすいのですが、現状はなかなか難しいと感じます。素晴らしいメンバー、そしてその指揮をされる山口先生のような方がいらっしゃるのですから、そのお力が臨機応変にそしてまた、適材適所に発揮されたら素敵だなと思いました。

ただのリスナーの呟きですが、ここまでお読み頂きありがとうございました!これからも皆様のご活躍応援してます!

(山口敏太郎タートルカンパニーミステリー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Enrique Meseguer PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る