幸運を呼び船を守る妖怪 千葉県の「魔よけ小僧」





かつて、我孫子と沼南町を結ぶ渡し舟があったころ、毎日大勢のお客で渡し船は賑わっていた。

特に問題のある渡し船ではないのだが、毎年、お盆の前後になると、この「魔よけ小僧」が出没したという。

小僧の出現パターンはこんな感じである。舟の船首のところに素っ裸の小坊主が座っているというのだ。




「一体どこの小僧だろうか」「なんで裸でいるのだろう?」

小僧の突然の出現にみんなが大騒ぎになる。

ある人が決心して、哀しげにうつむいて座る小僧に話しかけても何も答えないと言う。これはどうしたものかと、お客達が困惑していると、静かに船を漕いでいた船頭さんがこういうのだそうだ。




「あれは『魔よけ小僧』と呼ばれる者である。昔からいるもので、縁起の良いものである。ほっておけば特に悪いことはしない。むしろ、小僧が出る事はこの船の航海が順調にいく印である。黙っておけ」

そして、舟が対岸に近づくとふいに消えてしまうのだそうだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る