『怪談王2023』インターネットオーディション募集の締め切りを延長!【9月16日締め切り】

今年も開催される『怪談王』の、ネットオーディション締め切りが9月16日まで延長されました。

現在、予選のための投稿作品が殺到しております。是非まだの方、我こそはという方はエントリーして下さい。

例年同様、予選はインターネット動画サイトYouTubeチャンネルでの「イイネ」数を競うファン投票です。その上位者から次に進む地方大会を指名されることとなります。

【参加条件】

 1、反社会的な活動を行うグループ、個人と無関係であること。
 2、タイトルコール含めて制限時間は10分間。実際にあった怖い話を語る。創作怪談は不可。
 3、動画は携帯電話で撮影することが原則となる。なお、動画は音声のみでも可能であるが、原稿の音読は不可とする。 
 4、音響・照明・画像編集、小道具や写真の使用など演出効果は一切行わないこと。
 5、自分が一人で体験した怪談は禁止する。但し自身の霊体験であっても、第三者の証言があれば可能とする。
 ※他人の経験した怪談は可能である。
 6、人間が怖い、俗に言う「人怖」系の話は対象外となる。
 7、もし、他人の話を盗作した者は、出場権剥奪、王座剥奪の処分とする。
 8、過去の怪談王の予選、地方大会、決勝等で過去に一度披露した話でのエントリーは不可。
 9、怪談王に認定された者は防衛戦を行うこと。

【インターネット予選】

YouTubeチャンネル【山口敏太朗タートルカンパニーチャンネル】にてエントリー作品の公開を行う。

【山口敏太朗タートルカンパニーチャンネル】

https://www.youtube.com/@tortoisecompany

【エントリーの方法】

次の条件で怪談動画を撮影、動画ないしは音声データを下記の申し込み先まで提出してください。

 ・語り手のエントリー名とタイトルを必ず明記してください(ファイル名だけではなくお送り頂く際にメール等の本文にも明記をお願いします)
 ・10分以内(含タイトルコール)
 ・効果音、照明効果なし
 ・画像・音声の編集などの演出なし
 ・提出締切は9月10日厳守

エントリー用の動画は携帯電話で撮影することが原則となる。撮影した動画は下記の受付用アドレスまでメールで送ること。

【受付用メールアドレス:tokushima5566@yahoo.co.jp

※動画編集、加工アプリ等の使用の一切を禁じます。また、頂いた動画ないしは音声データの編集もこちらでは一切行いません。提出後でも加工や編集、一部カットなどは行いません。提出前の最終チェックをお願いします。

【審査の流れ】 

動画の公開は6月中旬より届いた順番に行い、9月いっぱいで「いいね」の数でランキングを作る。ランキング上位から順番に北海道・東北大会、関東大会、関西大会、中部大会、九州四国大会を選ぶことができる。

12月に各ブロック代表者が優勝決定戦を行う。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る