「柔道部の部室」

私はオカルトやホラーが大好きですが、物理的な現象として存在するかについては懐疑的です。

人の脳は幻覚や夢などで、体験したように錯覚させることが得意なので、不可思議なことのほとんどは、脳の働きで説明ができるのではないかと思っています。

そんな私でも、何度か不思議な体験をしたことがありますので、その1つを書きます。

今から、25年以上前の高校1年生の時の体験です。

私は柔道部でした。柔道部には私達男子部員と女子部員がいました。

稽古(けいこ)が終わると、その日の当番が、全員が道場から出たことを確認して、照明を消し、鍵をかけて帰ることになっていました。

私が当番のときの出来事です。




照明のスイッチは、女子部員の更衣室の中にあったので、更衣室のドアを念のためノックし、声をかけて、誰もいないことを確認してドアを開けようとしました。ドアは引き戸で、10センチから20センチくらいドアが開いたところで、ドアの向こうから手が出てきて、向こう側からもドアを開けるようにドアに手を掛けました。

私は、自分の確認ミスで女性部員がまだ残っていたにもかかわらず、ドアを開けてしまったと思い込み、大声で謝り、中をのぞくなどもっての他なので、一目散に道場から出て、外で待っていた先輩に事のてんまつを話しました。

私は、怒鳴られることを覚悟しましたが、先輩はきつねにつままれたような顔をしながら、ここに全員そろっていると言いました。

先輩も不審に思ったらしく、一緒に道場の中に入って、女子部員の更衣室をのぞいてみたところ、誰もいませんでした。

あれは、妖怪のしわざだったに違いないと、今では考えています。

(アトラスラジオ・リスナー投稿 やまくまさん ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 photoAC

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る