NASA、UFOの存在を隠匿!?国際宇宙ステーションのライブ放送で異常事態





国際宇宙ステーションの付近でUFOが確認され、NASAがその一部始終を隠そうとしていたとする主張が出てきて注目を集めている。

問題の動画は、NASAによる国際宇宙ステーションのライブフィード映像を4画面で表示していたもの。ライブ放送の途中から第2カメラの映像がピクセル化し、鮮明に映らなくなってしまう。その数秒後に、左下隅に白色のオブジェクトが出現。しかし何が出現したのかは粗い画像のせいでよく見てとれない。

関連動画
ANOMALY Outside The Space Station






関係者によれば、この写り込んだ白いものは「国際宇宙ステーションの一部ではない、あえて言うならUFOといった方がいい」とのこと。この物体が出現する前に画像が粗くなったのもあって、UFOを察知したNASAが意図的にカメラを遠ざけていたのではないかとする意見も出てきているようだ。

この映像はUFO関連情報を発信しているYouTubeチャンネルのsecureteam10にアップロードされ、注目を集めた。

動画では「NASAは実際のオブジェクトをピクセル化するためにソフトウェアを使用している。NASAは真実を検閲しているのではないか」とのコメントが付け加えられている。




一方で「NASAではなく、何らかの実体のある物体がカメラを遮っているのではないか」とする意見もあるが、その物体や画像が粗くなるタイミングが絶妙なことから、NASAでなければエイリアンによる妨害ではないかとするコメントも寄せられていた。

今年に入って、火星探査機や宇宙望遠鏡の故障などが相次いでおり、海外の陰謀論者を中心に、地球を監視しているエイリアンが実力行使に出てきている可能性があるとする主張が出てきている。

果たして、これらの異変は繋がっているのだろうか?

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©secureteam10/YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る