米空軍UFO調査機関「プロジェクト ブルーブック」ドラマ化、放送日決定!

米空軍に存在したUFO調査機関「プロジェクト ブルーブック」が米ケーブルテレビ「ヒストリー」でドラマ化され、2019年1月8日(火)より放送される。

予告動画





ブルーブックは1952年-1969年の期間活動して12000件以上のUFOレポートを収集、作成した。

現在使われている「UFO=未確認飛行物体」という言葉もブルーブックが正式に採用した。それまでは「フライングソーサー=空飛ぶ円盤」という言葉が一般的で、すべての現象を網羅できない事から当時の責任者、ルッペルト大尉が採用した。(ただし、UFOという言葉自体はそれ以前にメディア等で使われている)




ルッペルト大尉は情報の流れの整理、書式の統一など組織作りから始めたのでブルーブックはそれ以前の「プロジェクト サイン」(1948-49)、「プロジェクト グラッジ」(1948)より長期間活動した。

ただしこれは「宇宙人の優れた技術が入手できる可能性」という下心を米軍が持ってた為とも言われている。

ブルーブックが活動した期間のUFO、宇宙人事件は

 イーグル・リヴァー事件(宇宙人のパンケーキ事件)1961年
 ソコロ事件(ロニー・ザモラの遭遇事件)1964年
 ヒルズデイル事件(沼地ガス事件)1966年

などある。

これらのうちどの事件が取り上げられるのか、新たな証拠など加味して映像化されるのか楽しみである。

公式HP
https://www.history.com/shows/project-blue-book

(桜木ヒロキ 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©About Project Blue Book | HISTORY Official Site




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る