ノーベル賞より注目?炎上中「キズナアイ」、動画投稿してアンチを挑発!?

人気VTuber(ヴァーチャルユーチューバー)の「キズナアイ」がNHKの特設サイトに登場したことをめぐりファン、アンチ、ただの傍観者が入り交じりネット上で激論を交わしている。

NHKの特設サイト「まるわかりノーベル賞2018」において、キズナアイはインタビュアーとして、ノーベル賞で注目されている分野について専門家達に質問をぶつけていくという構成になっている。

関連記事

話題のVTuber「キズナアイ」がコメンテーターデビュー!テレビの技術革命?






ところが、この動画が公開された数日後の10月2日、弁護士の太田啓子氏が自身のTwitterにて「NHKノーベル賞解説サイトでこの(キズナアイの)イラストを使う感覚を疑う」とつぶやいたところ、多くのTwitterユーザーが反応。

「NHKの番組で萌えキャラを使うとは何事だ」意見のほか、キズナアイの着ている衣装に肌の露出が多いことから「子供やお年寄りに見せられない」「せめて白衣などを着せて欲しい」との意見が相次いだ。

その一方で、「現代のAI技術が生んだキズナアイは番組のコンセプトに合っている」「キズナアイは子供人気が高いので小学生が科学に興味を持つキッカケになると思う」と擁護する意見も相次ぎ、太田氏の発言から一週間近くが経過した今も激論が交わされている。

さて、これらの騒動により一気に渦中の人(?)となったキズナアイ。今のところ彼女側から正式のコメントは出していない。しかし、論議が起こった数日後に明らかに騒動を意識して、快く思っていないものをあたかも挑発したともとれる動画を投稿し、これが様々な憶測を呼んでいる。

【キュン死に注意】胸キュンをお召されあがりませ!!





10月5日に投稿された「【キュン死に注意】胸キュンをお召されあがりませ!!」にて、キズナアイはメガネ&白衣という「リケジョモード」で登場。これはまるで前述の「露出の多い衣装はやめて白衣を着せて欲しい」という意見に対して、皮肉を込めた動画ではないかというのだ。

ただし、キズナアイのメガネ&白衣という衣装はこれまでの動画にも何度か登場していて、今回が初出ではない。しかし、近々で彼女の衣装を巡る騒動があったために様々な憶測を呼んでいるのは確かだ。

10分で分かるキズナアイ!





また、今回の騒動の結果、キズナアイに関して間違った、誤解を招くようなネットニュースが拡散されたことから10月7日には『10分で分かるキズナアイ!』という新たな動画を制作して投稿、こちらも順調に再生数を伸ばしているという。

人気VTuberのキズナアイ……その「したたかさ」に関しては人間以上かもしれない。

(文:アリナックス城井 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『キズナアイ 1st写真集 AI

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る