【大坂なおみ伝説】とんかつブーム立役者、CMのおかげで試合に身が入らない





大阪なおみのテニス界での活躍で、再びテニスブームが巻き起こりつつある。

大阪に憧れて、新たにテニスを始める少年少女も多く、また既にテニスをやっている子供たちは、大阪の好物である「カツ丼、カツカレー、とんかつ」を食べてゲン担ぎをする状態だ。

関連記事
大坂なおみは日本人じゃない?というデマが拡散!根室で被災したおじいちゃんが大喜び
大坂なおみ快進撃!「片言の日本語が可愛い」、ハーフ萌え現象頻発!!




また、大阪の天然ボケの性格も人気に拍車をかけている。

昨年のUSオープンのことである。大坂は2回戦でデニサ・アレルトバを破ったあとのインタビューで、「気にかかることがあったので試合に集中できなかった」と答えたところ、記者から「その『気になったこと』って何?」と訊き返された。すると大阪は真顔でこんな答えを返してきた。

アスベストが引き起こす肺気腫を警告するコマーシャル(※このコマーシャルは全米のテレビやラジオで一日中流れている有名なもの)が気になって・・・そのことばっかり考えていたの」




この無邪気な答えに記者は思わず笑ってしまったと言う。

素直で天然の大阪なおみに今後も人気が集まるのは間違いない。

関連動画
カップヌードルCM 「大坂半端ないって 篇」 30秒 / 大坂なおみ

(串田圭介 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『2018USオープンテニス大坂なおみ優勝記念号 2018年 10 月号 [雑誌]: ダンクシュート 増刊

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る