さよなら山本KID選手…アマレスから総合格闘技転向のきっかけブッ飛び過ぎ!





総合格闘家としてアマチュアレスリングの天才として、人気を博した山本“KID”徳郁さんが亡くなった。享年41歳の若さだった。

元々はオリンピック出場が期待される優秀なレスリングの選手であった。しかし、突然のトラブルが彼を総合格闘技の世界へと誘う。

まだ彼が大学生であった頃、友人達と空気銃で遊んでいた。お互いに空気銃で撃ち合っていたところ、運悪く山本が打った弾がヤクザの目に当たってしまった。




目を抑えて痛がるヤクザは山本を追跡し、自宅を突き止める。自宅に押し掛けて山本を引きずり出そうとするヤクザ。3階の部屋から飛び降りて逃げ出した山本は、姉・山本美優の当時の夫だったエンセン井上に助けを求めた。

エンセンの尽力でヤクザの追跡から逃れたものの、このトラブルにより大学を辞めることになってしまう。しかし、このトラブルがきっかけで義理の兄であるエンセンのつてで、修斗のリングに上がるようになる。これが山本KIDが総合格闘技に転向したきっかけである。

なんとも豪快なエピソードである。心からご冥福をお祈りしたい。

関連動画
がん公表したばかり・・・山本“KID”徳郁さん死去41歳(18/09/18)






関連記事
芸能界最強説!ヤクザ風バンドマンをシメた南こうせつに長淵剛がビビった!?
【愛すべきキャラクター安岡力也・都市伝説】ヤギとH!70人相手に大乱闘!!

(和田大輔 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『「神の子」山本“KID”徳郁 ~世界王者への軌跡~ [DVD]

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る