実は反権力、極左勢力の犯行か?成田空港に爆発物!1月に爆破予告が…持ち込み方法は?

2018年9月13日午前3時ころ、成田空港のA滑走路付近で作業員が爆発物を発見したというニュースが昨日流れた。

関連動画
“不発弾”で滑走路を一時閉鎖 成田闘争時のものか(18/09/13)






一部のマスコミは旧大戦中や成田闘争時の不発弾のようなものと表現を濁しているが、実際今回発見された爆発物は長年経っているような、そんなに古いものには見えないという。

同日の05:30頃から、A滑走路が閉鎖され、他にも不審物がないかが安全確認作業が行われていた。

既に警察の捜査が始まっており、反権力を訴える極左勢力の犯行とみられ、現場検証が行われている。一番の焦点は爆発物の滑走路への持ち込み方法である。一説にドローンで持ち込んだという説が唱えられているが、空港関係者に左翼思想にかぶれた者がいないかの確認作業が始まっている。




気になるのは、2018年1月1日午後4時50分ごろ、成田国際空港会社にかかってきた脅迫電話である。

電話の内容は「爆発物を飛行機に積んだ。滑走路延伸計画を中止しろ」と、ジェットスター・ジャパンなど複数の会社名前を挙げて脅しをかけてきたと言われている。この電話と今回の爆発物の関連を捜査当局は疑っているようだ。

関連記事
「北海道地震」で詐欺やデマが続々!募金詐欺、地鳴りのデマ、本震が来る噂で人々大混乱
白人女性を誘拐・ 拉致して性奴隷化する変態サディズム集団が存在する

(松田ケン ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る