探査機カッシーニが宇宙人からの信号を拾っていた!?





NASAの探査機が土星付近を飛行中、なんと「宇宙人の信号」を拾っていた!?とする謎の信号が発見されて話題になっている。

過去に打ち上げられたカッシーニ宇宙船は、巨大なガス惑星である土星の周囲を公転する最初の探査機となった。

土星はその強力な磁場のために電波を放射しており、受信すると静かに鳴り響く。カッシーニが木星に接近した際には、そのような電波が数十は記録されていたという。

関連動画
Sounds of Saturn: Hear Radio Emissions of the Planet and Its Moon Enceladus






だが、この度YouTube上に挙げられた動画によれば、2004年7月25日に公開されたファイルにはひときわ奇妙な電波が記録されており、ピッチを上げるとまるでSF映画の生物の鳴き声のように聞こえるものだった。この信号についてはNASAも「最も興味深いファイルだ。

どう判断していいか分からない」と述べているという。

果たして、この信号は地球外知的生命体からのメッセージだったのか。




カッシーニは土星およびその衛星タイタン等も接近して調査している。タイタンには湖や火山があるとみられており、何らかの星の活動を奇妙な電波として受信した可能性も考えられている。だが、今もはっきりした結論は解っていないとのこと。

もしかしたらカッシーニは地球外知的生命体との交信に本当に成功していたのだろうか?

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©NASA

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る