正体はアメリカの反重力ステルス戦闘機!?巨大な「四角形UFO」の実態とは…





昨日のこと、アトラスでは8月18日にアメリカ・ノースカロライナ州の暴風雨の中で撮影された新型の巨大UFOについて報告した。

撮影者の男性はFacebookのページに写真を掲載、その日はCharlotte南西部の高速道路を車で走っていたという。

このUFOは巨大で、なおかつ長方形という珍しい形状だったことも手伝って、UFO研究家や陰謀論者による推測が多く出てきている。




今回のUFOはUFO研究家らが主張する先進的なステルス戦闘機「TR-3B」と呼ばれるものの一種である、エッジに沿ってライトが点灯する長方形の航空機に似ているという。

実際、撮影者の男性も自身が見たUFOがある種の軍用機である可能性について語っていた。

UFO研究家や陰謀論者は、かねてより米軍が秘密の反重力ステルス戦闘機の開発に取り組んでいるようだと主張していたが、そのような飛行機が存在するという明確な証拠はなく、今のところ噂でしかない。




しかし一部のUFO研究家からは、カリフォルニア南部の砂漠アンテロープバレーにて、今回と同じタイプの航空機を見たとする証言も出てきている。

果たして今回の巨大な飛行物体は新型の戦闘機なのか、それともUFOなのか。このUFOは暫く注目を集めることになりそうだ。

関連動画
Mysterious Square Shaped UFO Photographed Over Charlotte, North Carolina

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Javion Hill




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る