海苔は日本人しか消化出来ない? 固有の腸内バクテリアに秘密があった!





 手術したばかりの病人や高齢者や幼児に対して「海苔は消化に悪いから食べない方が良い」 と、誰かが話をしているのを聞いたことがないなろうか。

 確かに海苔は消化しにくい。それどころか、外国人は海苔を消化出来ないという。

 なんと、海苔を消化できるのは日本人だけという。

 アメリカ国立バイオテクノロジー研究センター(NCBI)やフランスの海洋生物学海洋学の研究・教育機関ロスコフ生物学研究所の研究によると、長年海苔を食してきた日本人の腸内には、アマノリ属の海草に含まれる「ゾベリア・ガラクタニボラン」という海洋性バクテリアが存在しているようだ。このバクテリアのおかげで多糖類を分解する酵素を持つことに成功したようだ。




 もちろん、外国人も時間をかければ消化出来ないことはないし、 焼き海苔なら消化は可能だ。

 日本人と海苔の関わりは長い、記録出は八世紀に書かれたとされる「常陸風土記」の中で初めて記載が確認出きる。日本武尊が今の霞ヶ浦近辺の浜辺で干してある海苔を目撃、そこを乗浜(のりはま)と名付けたと記述されている。

海苔は長い長い間、日本人と共に歩んできたのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る