「虫の音」は日本人とミクロネシア人にしか聞こえない!?





 日本人とミクロネシア人しか「虫の音」を認識出来ないという。

 他の国の人間は「虫の音」を認識していないか、認識していたとしても雑音として脳内で処理しているというのだ。

 1987年キューバのハバナで開かれた第一回国際学会「中枢神経系の病態生理学とその代償」に参加した東京医科歯科大の角田忠信教授は、会場に響き渡る「虫の音」に心を奪われた。

 角田教授は『しぐれ』についてキューバ人学者たちに話すと、彼らは「そのような音は聞こえない」にと口々に証言した。

 昔から俳句に多く用いられる『蝉しぐれ』『鈴虫』 などに代表される「虫の音」は、俳句などに使用される日本の季節を感じるものである。

 ではそれがなぜ外国人には聞こえないのだろうか。




 その理由は、日本人は左脳で「虫の音」を聴き、外国人は右脳で処理するからだそうだ。つまり、日本人は言語脳=左脳で「虫の音」を認識し、外国人は雑音と同じく音楽脳=右脳で処理してしまう。

 虫や動物の声や自然音は、母音に酷似していることから、我々日本人は言語として認識してしまうようだ。逆に右脳で「虫の音」を雑音として認識している外国人は、聞き慣れた雑音はカットしてしまう脳内の機能により、「虫の音」が聞こえないと思ってしまうというのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る