毎週日曜日朝8時から放送されている教育番組『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』にて非常に珍しい内容が放送された。

『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』は、NHK-Eテレの人気キャラ『いないいないばあ』のワンワンと、同局で放送中のミニ番組『パッコロリン』の出演キャラがコラボしたレギュラー番組で、『にこにこぷん』や『できるかな』など、過去NHKに登場した懐かしのキャラクターたちや『おかあさんといっしょ』に出演したうたのおにいさん&おねえさんたちがときどき顔を見せる番組としても知られている。

さて、今週7月22日に放送された『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』では、かつて『にこにこぷん』の人気キャラだった「ぴっころ」を中心とした『アタリメ!どんぴょんズ』という歌コーナーが放送されたのだが、その際に歌われた曲が、なんと深夜アニメ『けものフレンズ』の主題歌『ようこそジャパリパークへ』だったのだ。

関連動画
TVアニメ『けものフレンズ』主題歌「ようこそジャパリパークへ / どうぶつビスケッツ×PPP」






『けものフレンズ』はテレビ東京系の番組で、NHKとはまったく関係のない番組である。ではいったい何故、『ようこそジャパリパークへ』が子供向けの曲として歌われたのか・・・理由は不明である。

しかし、『けものフレンズ』は深夜アニメという特性ながら大人だけではなく子供からも人気の高い作品で、2017年の夏休みシーズンには朝の時間帯で再放送が行われている。しかし、いくら子供人気の高い曲だとしてもNHKに全く無関係なアニメソングが『ワンワンパッコロ!』で放送されるケースは非常に珍しく、テレビ前の視聴者は突然の出来事に度肝を抜かれたという。




なお、『ワンワンパッコロ!』は純然たる子供向け番組ではあるが、その内容は実は大人をターゲットに作られているのではないか、前々から言われていたようだ。過去には、当時裏番組で放送されていた『仮面ライダーシリーズ』を意識して「君たちは本当に朝8時に起きてこの番組(ワンワンパッコロ)を見ているのかい?」「録画じゃないのかい?」と、明らかに仮面ライダーやその視聴者に向かって挑発をしていたことで知られている。

もしかして、今回の突然の『ジャパリパーク』も、『ワンワンパッコロ!』お得意のサプライズ演出のひとつだったのかしれない。

(文:安坂由美彦 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『ようこそジャパリパークへ(通常盤)

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る