侵入者は「ひょっこりはん」だった!?監視カメラが捉えていた不気味な人影





家の中の様子にどうも違和感があるので防犯カメラを設置してみたところ、ポルターガイスト等が記録されていた。空き巣等ではなく、心霊現象が起きていたのだ…という内容の動画は過去にも本アトラスで何度か紹介している。

だが、中にはそれ以外の予想だにしなかったものが映ってしまうケースも存在していた。

アメリカはフロリダ州の夫婦が監視カメラで撮影したものは、実に衝撃的なものだった。

関連動画
フロリダで「グレイ・エイリアン」がマジで撮影された!






カメラは居間に設置されており、戸口に向けられ、部屋全体の様子が把握できるようになっていた。動画が進んでいくと、閉ざされたドアがゆっくりと開いていき、逆光の中に人影が浮かび上がるのだ。典型的なやせ形のグレイのシルエットが確認できる。顔を出した瞬間がまるで「ひょっこりはん」の様である。

この動画を撮影したのはフロリダ州在住の住人。何者かが侵入しているような痕跡があったため、監視カメラを設置したところこのような生物の姿が捉えられてしまったのだという。

実は彼らは過去に宇宙人によって拉致されたアブダクションの経験があったという。アブダクションに遭った人の中には、経過観察のためかその後も度々宇宙人に拐われてしまうケースも報告されている。この人影の主も撮影者一家を継続して観察している宇宙人だったのだろうか?

勿論懐疑的な見方も存在しており、戸口の宇宙人がまったく動く様子を見せないことから、第三者がドアの隙間から人形をつきだしてそれっぽく見せただけではないか、とする説も存在している。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©ApexTV YouTube




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る