アヒルを連れ去ったのは宇宙人!?アニマルミューティレーション発生か…





家畜が大量に死亡し、奇妙な傷痕などが確認できるキャトル・ミューティレーション。

いつの間にか家畜が死亡していること、傷痕が不自然なことなどから宇宙人の仕業ではないかとされている。さらって実験動物にした後に死体を廃棄していくという訳だ。

そんな家畜が宇宙人の被害に遭った?とする報告が寄せられた。

オーストラリアのハンプティ・ドゥー在住の女性は自宅の敷地にアヒルを飼っていたのだが、2週間で合計8羽のアヒルが姿を消したのだという。逃げ出したわけでもなければ何者かが無理やり押し入った形跡もなく、ヘビや犬が押し入ったり羽が散らばっていたという痕跡も何もない。




アヒルの羽ばたく音や騒ぐ様子もなく、文字通り消えてしまったとしか思えない結果に、女性は「まさか宇宙人によって連れ去られたのではないか?」と考えているという。

実際、彼女の家の近くでは「赤い光が点灯した3つのUFO」や「白い母船のようなUFO」が確認されていたこともあり、また家の敷地も広くUFOの離着陸も可能だということで、「宇宙人に連れ去られてしまった?」説を彼女らは信じているようだ。

関連動画
Gruesome Livestock Mutilations | The Unexplained Files

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る