エスカレーターで蠢く影…閉店後ショッピングセンターに現れた幽霊なのか?





ショッピングセンターなど、普段多くの人が行き交う施設は、営業終了しても「何か」が姿を現すことがあるらしい。実際日本でも、千日前デパート跡地に建つ商業施設は心霊スポットとして知られている。

こちらの動画はブラジルのあるショッピングセンターで撮影されたものである。動画には監視カメラが捉えていたある異変と警備員が対応した瞬間が記録されている。

関連動画
Security film TERRIFYING ghost of girl in Brazilian mall






映像は監視カメラの様子から始まっている。監視カメラはエスカレーターのあるホールの様子を捉えていたが、既に営業終了して誰もいないはずなのにも関わらず、何者かがエスカレーターに乗って上がっていく。

その人物は黒く長い髪に白い服を着ているようだ。一見普通にエスカレーターに乗っているようにも見えるが、途中で張り付くような奇妙な姿勢になったようにも見える。

警備員はまだ人が残っているはずがないとエスカレーターへ走るが、いざエレベーターに到着すると意外なことが判明する。エスカレーターに女性の姿がないばかりか、そもそもエスカレーターは動いていなかったのである。




しかし、警備員がこの幽霊を見たのはこれが初めてではないという。撮影した警備員はこれまでに一度同じものを目撃したと主張しているし、同僚の中にも目撃した事のある人物は少なくないという。今回撮影された人影について、警備員はこの建物の中で亡くなった若い女の子の幽霊であると語っている。

この動画はYouTubeにアップロードされるなりかなりの反響を呼び、多くの人がコメントを寄せる事となった。

動画をよくみると人影は半透明であること、何より止まっているエレベーターをあれだけ滑るように移動するのは難しいだろうという点から、本当に霊の姿が映ってしまったのではないかとする意見が多いようだ。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©NowYouKnow YOUTUBE

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る