【独占映像あり】UMA肉片回収命令!!ショック、謎の海洋生物の死骸





不老長寿の仙薬を作るには鉱物の金が必要不可欠であると考えられていた時代もあれば、人魚の肉を食べれば不老長寿になると信じられていた時代もあり、人々は太古の昔から死を恐れ、不老長寿となる方法にロマンを求めていたことが伺える。

人魚の肉を食べると不老長寿になるという伝説は、どうして日本各地で派生したのだろうか?

有名な人魚伝説としては八百比丘尼物語が挙げられるだろう。八百比丘尼物語とは、人魚の肉を食べて八百歳まで生きた尼さんの話であるが、鎌倉時代後期頃から日本各国で一斉に広まった物語であると考えられていて、物語の内容は地域により異なっているようだ。

共通しているのは冒頭でも書いたが、「人魚の肉を食べて八百歳まで生きた尼さん」の物語である。鎌倉時代後期頃から日本各地で広まったということは、その時代に八百比丘尼物語は考えられ、物語を各地に広めて歩いた中心人物や団体が存在するのではないだろうか?鎌倉時代後期頃に日本各地を歩いていた人物や団体を調べてみると、時宗という宗派の一代目である一遍上人(1239年~1289年)の遊行一行が当てはまる。

 ※一遍上人とは、六字の名号すなわち南無阿弥陀仏はすべての仏の教えをおさめた絶対の教えであり、念仏を称えて極楽に往生する人は、人間の中でもっとも優れた人であり、百蓮華のように清らかな人であるという意味である「南無阿弥陀仏六十万人決定往生」と書かれた念仏札を配る賊算と踊り念仏を行いながら日本各地を放浪した(遊行といわれている)、鎌倉時代最後の高僧である。

 一遍上人は亡くなる前に、持っていた書物や着物を自分の手で焼いてしまったので、一遍上人の著書は残っておらず、一遍上人の弟で門弟と言われている聖戒によって作成された絵巻物である「一遍聖絵」と一遍上人の後継者になった他阿真教によって作成された「一遍上人絵詞伝」に一遍上人の記録が残されており、一遍上人は睡眠中に見る夢から啓示を受けながら遊行し、各地には一遍上人の啓示によって発見されたと伝わる水脈や温泉などが存在している。【参考・遊行寺縁起より】

そこで筆者の推測であるが、八百比丘尼物語は一遍上人が見た夢の内容から一遍上人が物語を作り、遊行一行が各地で語って歩いた為、日本各地に広まったと考えられないだろうか?しかし、それを断定するような記録は発見されていないので、推測はこの辺にしておこう。良くも悪くも一遍上人が自分の手で書物を焼いてしまった事が惜しまれる。




それではいよいよ本題に入る。

人魚といえばUMAの代表格であるが、千葉県の銚子市君ヶ浜海岸に、謎の海洋生物の死骸が漂着したらしいとの情報がタートルカンパニーに入り、上層部から筆者に指令が出された。その驚愕の指令内容とは、「謎の海洋生物の肉片回収命令」である。

筆者は早速、電車で5時間ほどかけて君ヶ浜海岸に行ってきたのだが、一通り海岸を歩いても海洋生物の死骸らしき物体が見当たらない。既に軍や政府によって回収されてしまったのか(ロシアでは海岸に漂着したUMAの死骸が軍によって回収され、その後機密扱いになっている)と半ば諦めかけていた時、海岸でわかめをとっている女性が居たので、「クジラの死骸(流石に謎の海洋生物とは言えなかった)がどこに漂着したのか知りませんか?」と聞いてみたところ、「あれはクジラじゃないと思うよ、この先にまっすぐ進むと岩みたいな塊があるんだけど、それの事だと思う。多分、腐っているよ。」と情報を得られた。

関連動画

女性に言われた通り真っ直ぐ先に進んでも左右に岩は見当たるのだが、海洋生物の死骸らしき物体は見当たらなかったので、本当に女性が言っていた事、表現が正しいのか不安になってきたその時、視界に入ってきた岩を良く観察してみると、その岩のような物体は毛が生えた海洋生物の死骸だったのだ。海辺の岩には苔やわかめなどの海藻が生えているので、毛の生えたその物体の見た目は海辺の岩とそっくりになっており、直ぐには判別することが出来なかったのである。心配していた腐敗臭はそれほど強くはなく、奇妙なことに腐った生物の死骸であるにも関わらず、ハエや鳥が全くたかっていないのである。

死骸のすぐ側には、その死骸からもぎ取れたと思われる触手のような物体があったので回収しようとしたのだが、触手の先端が地中深く埋まってしまっており、いくら引っ張っても抜けないので、持参したカッターで切り離そうとしたのだが、その物体は筋だらけで持参したカッターでは歯が立たず、人目があり、潮も徐々に満ちてきたために触手は早々に諦める事にした。その触手のような物体はイルカのような皮膚をしていて、見た目はイカの胴体であり、毛が生えていて、人間でいうところの手の甲ではなく、手の平の方に毛が生えているといった感じだった。




早く肉片を回収してこの場から立ち去りたいと泣きそうになりながら胴体部分の肉片を切り取ろうとしても、皮膚は分厚いゴムのように中々切り取る事が出来ず、その皮膚のすぐ奥にある内臓の部分はぶよぶよとしていて、余り深く切り込んでしまうと体内のぶよぶよの原因となっている腐った内臓と液体群が溢れだしてしまう恐れがあったので、力加減が非常に難しく、変な汗と緊張感に包まれながらもなんとか肉片を回収する事が出来た。

無事に肉片を回収し、早々と通称ロズウェルと名付けられた銚子電鉄の君ヶ浜駅に向かっていると、途中からずっと何者かが追跡してくる気配を感じたので恐る恐る振り返ると、吾輩は猫である。生ものの匂いを察知した猫が筆者の後ろをずっと追跡してきたのである。

筆者は猫の追跡をかわし、銚子のロズウェルを後にしたのである。

【続報を待て…】

(前世滝沢馬琴 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©前世滝沢馬琴

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る