【都市伝説】夢を叶える祈祷(4)





【都市伝説】夢を叶える祈祷 より続く

祈祷の日、まだ慣れないながらも妹は一生懸命に祈祷をおこなった。願いが叶うとあって、何か壮大な儀式めいたことを行うのかとYさんは思ったが、思いの他あっさりと祈祷は終わった。

こんなものなのかと思ったYさんだが、妹からは釘を刺された。

「お姉ちゃん、期限だけは絶対に守ってね。私はまだ実際に目にしたことはないけど、期限を破ると本当にひどい目に遭うからね。これは約束だよ!」

Yさんは期限を守ることを誓い、妹と指切りをした。そして、祈祷の効果を信じながら、東京へと戻った。




期待とは裏腹に、やはりオーディションに通らない日々が続いた。だが、Yさんの髪も少し伸びたころ、急にオーディションの選考に残る確立が上がってきた。今まで、まるで手応えの無かった審査で2次、3次と先に進めるようになってきたのだ。

それでも最終的に合格の結果が出るオーディションはまだなかった。Yさんはそんな状況にもめげていなかった。ようやくきっかけがつかめたという感触に喜び、いままで以上にレッスンに励み、歌唱力に磨きをかけた。

そうして1年以上が経過したころ、ついにある音楽プロダクション主催のオーディションに見事Yさんは合格した。

この発表にYさんは、ついに長年の努力が報われる日が来たと涙を流して喜んだ。

だが、すぐに歌手デビューとはならなかった。プロの歌手になるためにまだ歌唱力で足りない部分があるとして、トレーニングを受ける日々が続いた。

(※続く)

(監修:山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る