「被害者は挑発したので殺害された」Mr.サンデーの報道姿勢に疑問と憤り!





2018年6月10日、フジテレビ系列で放送されている宮根誠司がキャスターを務める「Mr.サンデー」の報道姿勢に関して視聴者から疑問の声が上がっている。

先日発生した東海道新幹線のぞみ265号車内における殺人事件についての報道で、犯人の小島一朗に対して「発達障害だから仕方ない」と言うスタンスの説明があった。これに関してはアトラスでも先日、「発達障害でも努力し社会に適応している人が大勢いる。発達障害のせいにするのはおかしい」と指摘させていただいている。

小島容疑者を発達障害のせいだと言って擁護する報道姿勢はいかがなものであろうか・・・。




また、勇敢にも女性をかばって命を落とした梅田耕太郎さんに対して「挑発したから殺された」というスタンスの放送を行った。

これまた視聴者の感覚とは大きくズレている。梅田さんの行動によって2人の女性が命を救われ、大勢の乗客が逃げる時間をもらうことができた。梅田さんが小島容疑者に立ち向かわなかった場合、30人近くの死傷者が出た可能性が高いとされている。そんな梅田さんに対して「挑発したから殺された」とはあまりにも酷な言い方である。

フジテレビの番組は、世間の感覚とかけ離れていることが多い。懸命に頑張ってフジテレビを改革しようとしている社員がいるにもかかわらず、このような番組が放送されることによって、またフジテレビへの視聴者の信頼が失われてしまうのではないだろうか。

関連記事
【都市伝説レベル】フジテレビの3連続ポカ…ちょっとこれは酷すぎる!!
「民衆の敵」月9史上ワースト2、低視聴率!フジテレビこそが民衆の敵!?
【未解決事件】加古川小ニ女児殺人事件、犯人特定…フジTVがミスリード !?

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る