フジテレビ再生の切り札、宮根アナが文春砲で袋叩き!嫁が妊娠=不倫の法則





フジテレビが壊滅的な状態である。同局にある呪いのトイレのせいだとか、怪談をバカにした企画を放送したせいだとか言われているが実際には何がここまで悪くしたのかがよくわからない。

もうどこから手をつけていいのか分からない状態であるようだ。

また現在放送中の「直撃LIVE グッディ!」の枠を宮根誠司アナに与えて切り札にすると言う噂があったが、宮根アナ本人はこれを否定している。

そんな宮根アナであるが、ここ最近文春砲に叩かれている。

隠し子を産んだ女性のインタビューを週刊文春が掲載したのだ。その記事をよく読んでみると、興味深いことがわかった。

宮根誠司アナは不倫に関してある特徴というか、何とも不埒な法則があるらしい。



最初の嫁が妊娠中に不倫をし、離婚に追い込まれている。その不倫相手が2度目の奥さんに昇格している。その2度目の奥さんが妊娠中に、また違う女性と不倫していたのだ。

だた考えようによっては、妊娠中になかなかサセてもらえなかったので、単に溜まっていただけかもしれないが。

また宮根にはレプティリアン疑惑があるが、いろいろな子宮に種付けしたい程にあり余った精力を考えるとまんざら冗談では無いかもしれない。

読売テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」降板という噂もあるが、不倫を何度しても視聴者から攻撃されない梅沢富美男を目標に、宮根には是非見習ってもらいこれまで以上に精力的に活動していただきたい。

(小山田まゆみ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る