日大アメフト殺人タックル、氏名特定!監督の指示はなく個人の判断と説明?





日本大学アメリカンフットボール部と関西学院アメリカンフットボール部の名勝負を汚した殺人タックル。当初はVTRを流すにあたって、背番号にモザイクをかけることなく、そのまま放送してしまい、選手の名前が特定されてしまった。

付属高校から上がったMというその人物は、他の大学の学生のみならず同じ大学の学生からも「日大の恥」とネット上でバッシングを受けており、「アメフト部を退部すべきだ」という声が上がっている。また、騒動の責任を取って「監督も辞任すべきである」という意見も多々見られる。

日本大学が関西学院に対して正式に謝罪を行ったらしく、事態は沈静化するものと思われるが、当初は「監督の指示でやった」と殺人タックルの原因を説明していたが、現在では「本人の意思でやった」という趣旨の説明に変わりつつあるようだ。

この辺りは監督を守るために、「個人を切り捨てる処分」と批判の声も上がっている。

名前が特定されてしまった日本大学のアメフト部のM選手は、今後就職ができないうえ、退部を余儀なくされてしまうのであろうか。たった1回のタックルが人生を変えてしまうことがある。

関連動画
悪質タックルでアメフト選手が負傷 日大の試合中止(18/05/14)

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©ANNnewsCH YouTube




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る