デーモン閣下憤慨!NHKキャラ「パクリ」騒動は不甲斐ない局への愛のムチか?

ミュージシャン・タレントのデーモン閣下がNHKEテレに対し激怒しているという。

デーモン閣下は3月15日更新のブログにてNHKEテレにて放送中のテレビアニメ『ねこねこ日本史』に出てくる「デーモン風高杉」というキャラクターが「吾輩の姿の無断使用」、であると憤慨している様子だ。




閣下の怒りは相当なもので、「言い逃れ不可能! 悪意は無いのかも知れないが、無断で使用された事実にかわりはない」「どう落とし前をつけるか、所属プロダクションや某公共放送局と殺生… いや折衝だな」とEテレ側からの説明を求めている。

現在、Eテレ側からデーモン閣下へ向けて正式な謝罪が行われたかどうかは不明だが、閣下が無断使用を指摘した数日後には『ねこねこ日本史』の公式HPから「デーモン風高杉」の画像が削除されている。

以上のように、デーモン閣下の怒りは相当なものであるが、一部ではここまでEテレ側を譴責(けんせき)するのは閣下なりの「愛情の裏返し」ではないかという声もある。




考えてみれば、デーモン閣下はNHKには長年、相撲中継の解説者として出演しているほか『ニュースで英会話』という番組では月1のレギュラーを勤めている。そのためNHKとの関係は古く、「(アニメにキャラクターとして登場させるなら)その前に一言欲しかった」というのが本音ではなかったかと考えられるのだ。

事実、閣下は該当ブログの後半にて「そんな姿勢で『もの作り』に臨んでいるのであれば、どうせ大成などしない。とっととやめちまえ」と制作体制の甘さを非難する内容になっていて、閣下の本心としては「他のタレントで同じ失敗をしないように」との想いで綴ったものではなかろうか。

本当は優しい悪魔…なのかもしれない?

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『勝手に大相撲審議会

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る