『世界ふしぎ発見』「悪魔特集」!デーモン小暮登場でシッチャカメッチャカ‼

10月22日に放送された22時20分から放送されたTBS『世界ふしぎ発見』(通常は21時~だが野球中継延長のため80分遅れの放送となった)が話題になっている。

この日の放送は「フィレンツェの光と闇! モンスターINFERNO」と題し、イタリア・フィレンツェからの「モンスター・悪魔伝説」の紹介を行った。




『世界ふしぎ発見』では久々のオカルトネタであり、また映画『インフェルノ』が10月末に公開されるほか『ポケモンGO』がブームとなっているため、さまざまな要素を含んでいるのは間違いない。

また、スタッフが気をきかせたのかスタジオ回答者に「本物の悪魔」であるデーモン小暮閣下を呼んだことによって「あまりに自由すぎる」「神回」となった模様だ。

閣下は獅子を肩に装着した「戦闘服モード」で回答者席に座ったが、黒柳徹子が閣下の獅子をやたらと気に入りずっといじるという光景が放送されたほか、ミステリーハンターがフィレンツェの子供に「聖飢魔Ⅱ」の画像を見せたところ子供が「これ嫌い!」と暴言を吐く始末。




さらにはデーモン閣下が広島カープの始球式に毎回呼ばれがん検診のPRを行っていることを紹介し「いい悪魔」と紹介されるなど「悪魔特集」というより「デーモン小暮閣下特集」となり、最後には「(優勝は)黒柳さんに取られたが、実におもしろい魔界ふしぎ発見だった!」という、ナイスな台詞でその場のエンディングを締めた。

しかし、ネットでは「閣下のインパクトが強すぎて内容が頭に入らない!」「徹子さんと閣下が並ぶ絵面が強烈すぎた」と好評であったという。

(文:ミッチェル横山 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

聖飢魔Ⅱ




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る