【伊調馨パワハラ問題】至学館大学、谷岡学長の態度に視聴者から拒絶反応

五輪4連覇を達成した日本レスリング界のエース・伊調馨(33=ALSOK)とその周辺の協力者が弁護士を通じて、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)によるパワーハラスメントを告発し、大変な騒動となっている。

この一連の騒動に対して至学館大学の谷岡郁子学長が会見を開いて、パワーハラスメントそのものが存在しないと否定した。

谷岡学長は、栄監督にはそのようなパワーは無いからパワハラは存在しないと断言した。 また、伊調馨は今レスリングの選手なんですかとマスコミに向かって聞く始末。




あくまでこれは筆者の個人的な印象だが、谷岡学長は喋り方や態度が威圧的であり、栄監督には権力がないだろうが、少なくとも谷岡学長には強大な権力があることが伺えた。仮にレスリング協会にアンタッチャブルのパワーが存在するとすれば、彼女のことを指すのではないだろうか。もちろん彼女がそのようなパワハラを行っているとは思えない。

今回、学長が会見することによって、収まるものも収まらず、余計に事態が悪化したのではないだろうか。これは会見を見た視聴者の大部分に共通する感覚ではないだろうか。

Twitterを更新したダルビッシュ有選手は「伊調選手、栄監督両氏にリスペクトのかけらもない」とバッサリと切り捨てた。アスリートという立場から率直な意見を述べたのであろう。

栄監督の娘が日本代表として選ばれたことに対して、フジテレビ系列で放送されている「バイキング」にて「ランキング5位の選手が選ばれたことがおかしい」と報じたことに怒りを感じての会見だったと言うが、書面での回答や弁護士を通じてのクレームの申し入れで良かったような気がする。




現在、志学館大学がレスリング協会で力を握っている状態だが、他の大学関係者も捲土重来を狙っており、今回の告発はレスリング協会内部での権力争いが背景にあるのかもしれない。

どちらにしろ、東京オリンピックに向けてレスリング協会の健全な運営を目指して欲しい。レスリング協会会長や副会長など上層部が知らないところで本当にパワハラが存在するのか。客観的な立場の人物により丁寧に調査していただきたい。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る