【ブラック都市伝説】「素敵なレストラン」

 こんな噂を聴いた。

 米国にある夫婦がいた。二人は大層裕福な夫婦で、夫がビジネスで成功していた為、働く必要がなかった。俗に言うニューリッチという世代である。夫の経営する会社は早くも株式公開し、多額の寄付を得ており、夫は40代にして、早くも老後を楽しんでいたのだ。

 特に二人にとって、世界各地を旅行するのが趣味であった。アジア、南米、アフリカ・・・欧米とは違う風俗や習慣はいつも彼らにとって新鮮であった。




「特に世界各地の辺鄙な場所での食事が楽しみだ」
「とんでもない、ゲテモノを喰わされた、あのショックといったら、それにまさるスリルはないよ(笑)」

 二人は毎月のように世界各国を旅行し、その土地の社会に驚きその土地のレストランで名物料理を食べるのを楽しみとしていた。つまり、旅行とグルメを生き甲斐としていたのだ。

 また、二人には子供が無く、いつも愛犬を連れ歩いていた。愛犬の名前はスージー。もちろん旅行中も一緒である。頭の良い犬で二人の言う事はよく聞いた。二人はスージーを世界中どこにでも連れていく。愛犬スージーは二人の子供であり、旅行の大切なパートナーでもあるのだ。

 あの年の夏の事、二人は、南米の某国を訪問した。妙に蒸し暑い日だったという。夫婦は、昼間から様々な観光スポットを訪問し、二人は疲労を覚えていた。そして、妻が提案した。

「貴方お腹がすいたわ。食事にしましょう」
「そうだな〜スージーの奴もご機嫌ななめのようだ」
「このあたりの特異なメニューってなんでしょうね」
「う〜む、予想もつかんが、なんだか期待できるね」

 夫はにやりと笑うと今夜のグルメに思いを馳せた。

 ふと前方を見ると無国籍料理っぽいレストランが見えるではないか。

「おおっレストランがあるじゃないか、あそこで食事でもしよう」
「いいわねえ、なんか味わいのある外装ね」
「意外にあんな店ほどうまいのさ」

 夫婦はそのレストランのドアを開けた。

「これはこれはいらっしゃいませ」

 人の良さそうな店主が、現地の言葉で、うやうやしく挨拶をしてくる。

「なかなか、礼儀正しい店だ。何か自信のある料理を出してくれ」

 英語のしゃべれない主人ではあったが、どうにか意味は通じたみたいだ。

「おう、そうそう君!うちのスージーにも食べ物を与えてやってくれ」

 夫が店の主人に、スージーを指さし、食べる仕草で説明した。

 これまた、勘の良い店主は理解したらしく、笑顔でうなづくとスージーを店舗ではなく厨房の方に連れていった。

「おやこの店は人間と犬は別々に食事させるらしいな」
「スージーには特別メニューね」

 夫婦は笑うと、そう言った。そうこうしている内に次々と料理が運ばれて来た。その量が半端ではない。なかなか味もいける上に、材料も新鮮であった。

「なかなかボリュームがあるね。とても僕らだけでも食べきれないよ」
「美味しいお店だわ」

 妻も上機嫌であった。そして、いよいよメインデッシュが運ばれてきた。大きなお皿である。




「おいおい、こんなにメインデイッシュは大きいのかい、とても食べれないよ」
「ほんとだわ、もうお腹いっぱいよ」

 一体どんな料理がのっているのだろうか。ふたりは期待で目をきらきらと輝かせた。

 笑みを浮かべながら、二人が皿を開けると、そこには…。

 念入りに料理されたスージーの姿があった。店主はスージーに食べ物を与えてくれというジェスチャーを、”スージーを食べたい”という意味にとったのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る