永年この店に住み着いた幽霊か?監視カメラが捉えたポルターガイスト現象!

24時間稼働している防犯カメラや監視カメラには、奇妙なものが映り込んで記録されてしまう事がままある。

こちらの動画は昨年4月、イングランド・コーンウォール州のジャマイカ・インのパブの監視カメラが捉えていたもの。カメラには店員が裏で皿洗いをしている様子が捉えられており、他には誰もいない。だが、しばらくすると急に壁から何かが落ちるのだ。落ちてきたものの正体は壁にセットしてあった電話の受話器。

関連記事(記事内に動画あり)
Chilling CCTV captures ‘GHOST’ dropping phone inside notorious pub




確かにこのタイプの受話器は何かが引っかかった程度で落ちてしまうこともあるが、この時は周囲に誰もいない。店員も受話器を直すものの、一体何が起きたのか解らず不安そうにあたりを見回す様子が映っている。

ちなみにこの様子はもう一箇所のカメラからも捉えられており、そこには電話の前に貼ってあった紙をはねあげ、受話器が落ちる様子が捉えられている。なお、監視カメラに映っているタイプの電話機は、ひとりでに落ちるような構造になってはいないと家電製品関連の技術者は証言しているという。

関連動画
CCTV Ghost Phone footage Video Jamaica Inn






ジャマイカ・インは、1944年にダフネ・デュ・モーリエの1936年の小説の設定で有名になった場所。昔から幽霊が出たり、ポルターガイスト現象が発生すると言われており、今回はそのポルターガイスト現象が起きた瞬間が見事に捉えられたとして話題になったのである。

ちなみにこの店を調査で訪れたこともある民間の心霊研究者であるシモンズ氏は、電話やカメラ関連の点検を行った電気関連の技術者を含め、何人かがこの事件を調査したと述べている。

現状、この店では同様の事件は起きていないそうだが、今後も興味深い動画が撮影されるのではないかと多くの人々が注目しているようだ。

(加藤史規 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Jamaica Inn Paranormal Team YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る