【 AKBにプロ野球選手の娘が多い理由】投手は特に女の子が生まれやすい!?

AKBファンの間で前々から議論の的になっていたことだが、AKBのメンバーにはプロ野球選手の娘が多いと言うジンクスがある。

いくつか例を挙げると、プロ野球選手で巨人軍で活躍した大森剛の長女はAKB48の大森美優である。他にもピッチャーでは、ロッテやライオンズなど活躍した倉持明の長女はAKB48の倉持明日香であり、ダイエーホークスからベイスターズで活躍し現在はソフトバンクのコーチをしている若田部健一の娘は元HKT48の若田部遥である。

子供がアイドルという特異なケースはさておき、それにしてもプロ野球選手の子供には女の子が多いような気がする。

父親の職業が娘の誕生に影響与えている可能性もありうるらしい。




電磁波の影響により、パソコンを扱う時間が長い職種の人物は女の子が生まれやすいという。他にも電磁波を受けることが多いパイロットにも女の子が生まれることが多いらしい。となると、プロ野球選手も電磁波を浴びる職業なのだろうか。

そのことに対して野村克也が興味深い発言をした。2018年2月16日、TBS系列で放送された「爆報! THE フライデー」で、野村が医者に聞いた話だが、プロ野球選手、特に投手には女の子が生まれやすいという話が実際にあるらしい。それぐらいでないと一流になれないというのだ。やはり、プロ野球選手に女の子が生まれやすいと言うのは、かなり確率の高いジンクスなのだろうか。

アトラスでは過去にプロ野球関連の記事を何本か掲載している。「新しい長島伝説、体温は打率と同じ」「清原の逮捕はドラクエが予想していた」「大リーグ相手に好投、沢村栄治伝説」などが人気のアーカイブだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る