【美勇士、告白!】父・桑名正博&母・アンルイスのぶっ飛び子育てポリシー





2018年2月1日、読売テレビで放送された「ダウンタウンDX」にてミュージシャンとして人気のあった桑名正博と、これまたミュージシャンとして人気のあったアン・ルイスの間に生まれた息子・美勇士が出演し、2人のぶっとんだ子育てぶりが美勇士の口から披露された。

両親と暮らしていた時、門限と言うものがなかった。友達といっしょに遊んでると、友達は「そろそろ門限だから帰らないといけない」と言いながら早々に帰っていく。これを羨ましく思った美勇士は親に門限について聞いてみた。するとこんな答えが返ってきた。

「じゃぁ門限は、夜中の3時ね」

それは親が寝る時間が、夜中の3時だからと言うことだった。

また両親と一緒に遊園地などに行ってお化け屋敷に入ろうとすると、桑名はひどく嫌がった。「お父さん、お化け屋敷に入ろうよ」と無理矢理、美勇士に引っ張られてお化け屋に入ると、桑名は誰よりも大きな悲鳴をあげていた。しまいには、脅かしてきたお化けと殴り合いになってしまい、お化けは血糊なのか、それとも本物の血なのかわからないくらい血だらけになっていたという。




13歳になった時、既に桑名とは離婚して別の場所で暮らしていた母・アンからプレゼントが届いた。「13歳になったらそろそろタバコでも吸わないといけないね」というメッセージと一緒に灰皿が入っていた。しかも灰皿にはご丁寧に『美勇士』の名前が入っていた。

離婚後、美勇士は父・桑名と一緒に暮らしていたが、当時父親はブラジル人の女性と付き合っていた。そのブラジル人女性がタトゥーに造詣が深かったために、子供であった美勇士に対しても父・桑名は「タトゥー入れたらどうや」とやたらと持ち掛けてきた。いやはや子供にタトゥーを勧める父親とは・・・理解を超越している。

アトラスでは過去にタトゥーに関する記事を掲載している。「天変地異の前触れか龍が全身に浮かんだ魚」「セレブがはまる東方聖堂騎士団」などが人気のある過去記事である。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ゴールデン☆ベスト 桑名正博~RCA/AIR YEARS』『恋を唄う+4

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る