ポーランド珍事件簿 軍隊のヘリをUFOだと間違えてレーザーで攻撃した日本人が逮捕

UFOを観測していると、単なるヘリをUFOと間違えてしまうことは時折ある。

2014年10月21日、ポーランド東部に位置するルブリンにおいて珍事件が発生した。飛行中の軍のヘリコプターが、レーザー光線で攻撃されてしまったのだ。

「うわっ、テロリストだ!!」

「いったい、犯人の目的はなんだ?!」

ポーランド警察当局は、この事件に関連して23日にレーザーを照射した容疑で、40歳の日本人男性を拘束した。




この日本人男性は現地に住んでおり、地元メディアでは 「シン・M」という匿名で報道されている。

非常に防衛意識の強い人物であり、家宅捜索ではスタンガンやナイフが発見されている。

「この日本人はテロリストなのか?」

地元メディアは色めき立った。軍部への攻撃だけに政治的思想が背景にあるのかと疑われたが、その理由に世界が唖然とした。

「政治的な思想はありません。私はただ宇宙人がUFOに乗って地球に攻めてきたと思ったんです」

何処まで本気なのか。もし本気だとしたらいろんな意味でヤバい。

(文:飯山俊樹 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)













 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る