俳優・渡辺徹が見た…リアル「ねずみ男」、後日次男も一緒に目撃していた!

渡辺徹は芸能界でも、1、2を争う霊感の持ち主だ。

今までもアトラスで渡辺関連の記事を掲載してきた。「客席で熱狂的に応援していた女の子は死者」「渡辺徹一家は年末年始の旅行の前にパンツ一枚で食事する」「渡辺徹と榊原郁恵の夫婦喧嘩はおならとシャケが原因」などが過去記事である。

ある日、渡辺が自宅でくつろいでいたところ、飼っている犬が駐車場に向かって猛烈に吠え始めた。

「ワン、ワン、ワン・・・」
「おい、どうした」

渡辺が犬をなだめた。同時に犬が吠えていた方向の駐車場に設置してあったセンサーのライトがついた。

(おや、ライトがついたぞ、何か駐車場にいるのか?)

ちょうど監視カメラも駐車場についているので、モニターでチェックしてみたが誰もいるような雰囲気は無い。

(おかしいなぁ)

そうこうしているうちに、一度消えたセンサーライトがまた点火した。

「なんだか怖いわ」
「オレがちょっと見てくるわ」

不安そうな子供や妻を残し、渡辺はバットを持って裏口から出て駐車場に向かった。そして駐車場に入りかかった瞬間、

「シュ、シュシュ、シュ」

何やら細長い尻尾のようなものが、車の下に潜り込んだ。




(なんだ、小動物か)

近所から珍しいペットでも逃げ出して、駐車場にでも潜り込んだのであろうか。不安に思った渡辺は駐車場のシャッターを開けて車のボンネットを叩き、車の下に隠れているかもしれない小動物を追い出そうとした。

「バン、バン、バン」

渡辺が凄まじい勢いで車を叩いた。

「シュル、シュル、シュル」

すると車の下から小動物が逃げ出した。

「なんだァ、こいつ」

その小動物とは、まるでネズミの尻尾が生えた裸の小さい親父だった。すぐさま追いかけたが、そのねずみ男は姿があっと言う間に見えなくなった。

(なんだったんだ、アイツは・・・)

まさに逃げていく後ろ姿は、リアルネズミ男だった。

それからしばらくして、次男と一緒に愛犬を散歩させていると愛犬が突然動かなくなった。よく見てみると前方を睨んでいる。すると、次男が前方を指差してこういった。

「あっ、ネズミのオジサン」

渡辺が目を凝らしてみると、あの日に見た尻尾が生えた裸のおじさんが道路を横断していた。




関連動画(こちらの動画はおふざけドッキリものです)
Rat Monster | Monsters | Scare Tactics

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『路地裏ブルース

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る