カザフスタン、バイコヌール宇宙基地は宇宙人に監視されている!?

本日12月17日、日本時間の夕方にカザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地からソユーズロケットが発射される。

日本人宇宙飛行士としては12人目となる金井宣茂さん(41)が搭乗の予定だ。海上自衛隊の医師だった金井さんはその経験を生かし、宇宙ステーションで健康や寿命に関する研究を行う。

しかし、一部の欧米のUFOファンはカザフスタンでのUFO事件を指摘し、バイコヌール宇宙基地が宇宙人の監視下にあるのではないかと危惧している。

2010年、カザフスタン在住のボーストリコフさんは、怪しい飛行物体を偶然撮影に成功した。この物体の正体は判明していないらしい。

ufo in Almaty (kazakhstan).mp4





さらに2015年4月3日現地時間午後4時頃、カザフスタン共和国の首都であるアスタナから北方60キロ(40マイル)に位置するショルタンドゥイ村の上空にて未確認飛行物体ご目撃された。この不思議な黒い輪はなんたろうか。

このリング状UFOは、スモークマシン説が強いが、他のエリアでも目撃されている、

カザフスタンの空に出現した不思議な黒い輪 UFO Mysterious black ring





あくまで都市伝説的な見解であるが、バイコヌール宇宙基地は宇宙人に監視されているのだろうか・・・。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る