芸能界節約都市伝説、不況を乗り切る作戦は芸能人から学べ!

生き馬の目を抜く芸能界。並大抵の気持ちでは乗り切れないのも事実である。

不況が続く現在、この苦難を乗り切るのは、芸能人の節約ぶりに学ぶのも一興ではないだろうか。

★スギちゃん    
 自分ひとりでは絶対にキャバクラにいかない。いつも、スポンサーと一緒。

★西川のりお    
 お金もうけの話には目がない。ロケ弁持って帰るのは常識。

★オードリー春日  
 風呂は入らず局でシャワーを浴びるか、赤ちゃんのおしりふきで全身をふく。

★樹木希林     
 祝儀や交際費は三千円から五千円。

★松本明子     
 高校時代からはいているパンツがある。コンタクトは片目しかいれない。

★南野洋子     
 外で食事をした際には、食べ残しは持って帰る。

★森公美子     
 KFC・フライドチキンを食べた後に出る鳥骨を利用し、お湯で煮込んでチキンスープにする。

★ガクト      
 あと少しでシャンプー液が無くなりそうなシャンプーボトルに、お湯を入れてシェイクして最後まできっちり使い切る。

みなさんも見習って逞しく生きていここう。

文:隼 英人





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る