【伝説の放送事故!】やしきたかじん、TV局スタッフを秒殺『味の素事件』!!

 やしきたかじんと言えばシンガーであり、関西でカリスマ的な人気を誇った司会者であった。

 やしきたかじんに関しては数々の伝説があるが、中でも1992年に起こった『味の素事件』は業界が騒然となった大ハプニングである。

 やしきたかじんがテレビ朝日の深夜の生放送番組「M10」にレギュラー出演することになった。たかじん東京進出を目論んだ番組で、深夜の男の手料理コーナーが売り物であった。




 その週は中山秀征と大竹まことがゲストであり、たかじんがコンニャクをつかった料理にトライすることになった。

 事前にスタッフとは必要な材料や調味料をやりとりしていたが、本番で何故か『味の素』がない。

 「味の素はないの?」

 たかじんがフロアのスタッフに聞いたが反応が鈍い。

 「えっ? 味の素?」

 聞き返したスタッフにたかじんがブチ切れた。

 「味の素用意せいって言うたやろー!!!!」

 完全にキレたたかじんがフロアのスタッフを秒殺し、フレームアウト。

 同じくスタジオにいた服部調理学園の男性アシスタントも粉砕。散々暴れたあとスタジオから立ち去ってしまった。

 MCのいないスタジオでゲストの中山秀征、大竹まことは呆然。たかじんが残していったレシピを元にゲストの二人が料理を完成させ、番組は終わっていった。




 以来、やしきたかじんは東京の番組を嫌い、絶対に出ることはなかった。

 しかし、放送直後、生放送で商品名を連呼してくれた味の素から、たかじんに御礼の『味の素』が山ほど届いたという。

(すぐれいち恭介 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像は『やしきたかじん ベスト・アルバム 東京」ジャケットより




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る