ついにチュパカブラの巣を発見!?洞窟の中に謎の生物の死体!

中南米やアメリカで目撃されている未確認生物・チュパカブラ。

中型犬ぐらいの体を持ち、鋭い爪と牙をそなえ、素早い動きとジャンプ力を駆使して、家畜を襲い体液や血液を吸い尽くす恐ろしい怪物で、時には人に襲い掛かることもあるという。




そんなチュパカブラは神出鬼没のため、正体は宇宙人ではないか、我々の知らない所に隠れ住んでいるのではないかと言われている。

そんなチュパカブラが住んでいた洞窟を発見し、更には死体まで発見してしまったという報告がアメリカから届けられた。

発見者はアメリカはアリゾナ州在住の人物。先週の金曜日の2月23日、ハイキングの途中で休憩のために洞窟に立ち寄ったのだという。その洞窟はいくつもの小部屋に分かれていたため、懐中電灯を手に軽く中を探索してみることにした。すると、ある小部屋の奥に奇妙な生物の死体が転がっているのを発見したのである。




写真の生物が問題の死体だ。灰色がかった肌色で、尻尾の先をのぞいて毛は殆ど無い。猫か何かのように思われるが、耳は顔の横にあり、また顔も人間の顔に近いように見える。

果たしてこの生物の正体は何なのだろうか。発見者始め、このような生物は今まで見たことがないということで、チュパカブラではないかとする意見が出てきているが、正体は現在も不明のままとなっている。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る