UFOに友人がさらわれた!?全仏を騒然とさせた「セルジー・ポントワーズ事件」

パリの北西約20kmの地点にセルジー・ポントワーズという都市が存在する。多数の企業とパリに匹敵する人口を有するこの大都市で、フランス中を騒然とさせるUFO事件が起きている。

1979年11月26日の深夜3時半頃、26歳のプレボ、25歳のヌディエ、18歳のフォンテーヌの3人の若者たちが、車に荷物を積み込んでいた。彼らは蚤の市で衣類を販売する仕事をしており、良い場所を確保するため、まだ日も登らないうちから市に向かう準備をしていたのだ。

一番年下のフォンテーヌは運転席に待機し、あとの2人がプレボのアパートから車へと衣類を詰め込んでいた。フォンテーヌがぼんやりと夜空を眺めていると、明らかに飛行機とは異なる光る球のような物体の姿を目撃する。

フォンテーヌが2人に伝えると、リーダーのプレボはたいして興味も示さず荷物を取りにアパートに戻り、ヌディエは興奮しカメラを探しに行くと言って駆け戻っていった。

残されたフォンテーヌは光の正体を確かめたくてウズウズしていたので、エンジンをかけ、光のある方向へと車を走らせた。一方、プレボとヌディエの2人がアパートに辿り着くと、外から轟音が聞こえてきた。

何が起きたのかと2人が外を見てみると、驚くべき光景が広がっていた。

光の球が大きくなって地上に接近していて、その光の中にフォンテーヌが乗った車が飲み込まれようとしていたのだ。さらに、その光る球の回りには、小さな光が飛び交っていて、次々に球体に吸い込まれていった。そのたびに球体は大きくなっていったのだという。




プレボはフォンテーヌのことが心配になり、すぐに外に飛び出そうとした。一方のヌディエはカメラで写真を撮ろうとしたのだが、フィルムが切れていて撮影することは出来なかった。プレボはグズグズしているヌディエを引っ張って外にでた。

2人が外に出てみると光の球は小さくなりながら、空に戻って行こうとしていた。そして、ある地点まで浮上すると、凄まじいスピードで空の彼方へと飛んで行ってしまった。

2人は残されていた車へと駆け寄った。だが、そこにフォンテーヌの姿はなかった。すぐに2人は警察に通報した。内容的に警察では対処できないとして、軍が調査することになった。

事件が起きた時間にセルジー・ポントワーズの上空付近に不審な飛行物体がいた形跡は認められなかった。だが、プレボとヌディエの話に矛盾したところは見いだせず、軍は「何か不測の事態が起きたことは事実だ」と認めることになった。

大規模な捜索が続けられたが、いっこうに行方はわからなかった。

だが、1週間が経過したころ、ふいにフォンテーヌが戻って来た。彼の語るところによると、気がつくと光の球を追いかけていた途中にあったキャベツ畑で寝ていて、ほんの数十分寝ていたような感覚だったのに、1週間も経過していて、とても驚いたのだという。

次回はこの事件の経過を詳しく解説していきたい。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る