安藤さくら発言!「厄年でも厄を払わないほうがいい!」その真意とは…?

アトラスでは今まで厄年に関する報道を何度かしてきた。

代表的な記事はマツコデラックスの申年は芸能界にとっての厄年と言うジンクスめいた発言だった。

先日とある記者会見で、俳優の安藤さくらが興味深い発言をした。

「役者は厄払いをしないほうがいい!」

一瞬何を言ってるのか疑問に感じてしまうだろうが、これは芸能界に長く伝わるゲン担ぎの一種である。

厄年の「ヤク」とは俳優がもらえる配役の「ヤク」と同じであり、厄年だからといってお祓いをしてしまうと、もらうはずの役がもらえないと言われているのだ。

あくまで縁起物にあやかるための言い伝えであるが、この辺にこだわる芸能界はなかなか迷信深くて面白い。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事
ノロ感染!?出足から不吉な予感、NGT48の受難!
深夜に合わせ鏡をすることで…都市伝説「悪魔を捕まえる方法」
なんと宇宙人は関ジャニファンだった!?関ジャニライブ後にUFO出現
スナック菓子とソフトドリンクの都市伝説
お伊勢参りのお供に!銘菓「赤福餅」に込められたパワー

画像『0.5ミリ [DVD]』ジャケット写真より

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る