9月28日に放送されたフジテレビ系『とんねるずのみなさんのおかげでした』の30周年特番の内容が現在、ネット等で大炎上をしている。

 番組では30周年を記念し往年の名物キャラクターが多数登場。石橋貴明は28年ぶりに自身のヒットキャラ「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」に扮し番組を盛り上げた。

 しかし、放送直後から石橋演じる「保毛尾田保毛男」には批判が殺到し、フジテレビ局内は大騒ぎになっていたという。

 寄せられた意見の多くは「ゲイを笑いものにしてる」「ゲイのステレオタイプで差別的な意図を感じる」といったもので、翌29日には事態を重く見たフジテレビ社長が陳謝するなど大きな騒ぎになってしまった。

 今回の「保毛尾田保毛男騒動」は、2017年の現代に古い価値観のキャラをそのまま登場させてしまったことが原因であるが、保毛尾田保毛男が炎上したことで、これがきっかけとなりテレビ業界では「同性愛キャラは完全に放送禁止となるのではないか」との噂があるらしい。

 現にかねてから同性愛疑惑(現在は公表済み)があり「グレーゾーン!」という決め台詞のあった声優・三ツ矢雄二は2013年頃からバラエティから完全に撤退。
 また、ブレイク当初は「バイセクシャルキャラ」で売っていた江頭2:50、およびカズレーザーはいつの間にかそのキャラを封印。今はその過去にすら触れられることもない。



 
 また近年大ブレイクした某おネエタレントは、テレビに出始めた当初は「男が好き」と語っていたが、いつの間にか言わなくなってしまっていたことが業界内部で話題になっていて、これも何かしらの自主規制があったのではないかと噂されている。

 これらのように男の「同性愛キャラ」はテレビ業界から着々と消えつつあるため、「おネエキャラ」はともかく「同性愛」については、バラエティ界でもタブー視される可能性は高いと言えるのではないだろうか。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

関連記事
「弟子はイケメン男子のみ!」A師匠は落語界のホモオダホモオ
落語界に鎮座する男色師匠A、「ルックスの良い男子しか弟子として許さないわよ」
現役超大物アイドルBにオカマ掘られたマネージャーの哀愁!
おデブちゃんスピリチュアル有名人C、いつも若手イケメン男子お持ち帰り
【芸能界の裏】ゲイ詐欺プロデューサーがイケメン俳優たちに猥褻行為!

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る