【衝撃映像】白昼に出現!変形し、弧を描いて上昇するUFO!

先日、埼玉県にて奇妙な弧を描いて飛行する謎の発光体が目撃されて話題になった。結局この発光体は夜間スカイダイビングによるものと判明したが、正体の解らない、奇妙な飛び方をするものは他にも存在している。

こちらは海外にて撮影されたもの。青空に白い発光体が浮かんでおり、三日月のような弧を描きながら飛行し、次第に形状も変えていく様子が捉えられている。次第に輪郭がぼやけていく様子からUFOが雲に溶け込もうとしているようだとする声も出てきている。

この映像は民間のUFO研究家グループであるSecureTeam10が分析しており、三日月型から円形に変形して飛行しているようだとする見解を出している。

Secure Teamのタイラー・グロックナー氏は、この動画について「このようなUFOは今まで見たことがない。明らかにドローンや風船などではなく、また火災等で生じるリング状の煙とも違う」と述べている。

「ある程度の形を保った上で、更に変形し奇妙な軌道を描いて飛行する物体など、これまで報告されていなかったケースだけに、この物体については明確に正体について言及できない」とした上で、映像の更なる分析を行っていく予定だとしている。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Mysterious UFO shaped like half moon , It must be UFO

画像©Jonh G. Ton youtube




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る