実存した身長1mのミニ人類、人骨を回収

 最近人気の妖怪のような、妖精のような存在として「小さいおじさん」というものがある。

 一説には幸運を運んでくれる存在ともいうこの「小さいおじさん」だが、本当に小さい人類が存在していた!? との報告があった。

 ロイター通信によると、2003年インドネシア・フローレス島・リアンブアの洞窟にて身長1mの女性の成人の骨が発掘された。発見したのはインドネシアとオーストラリアの合同チーム。 




 今までは1mの小型人類が棲息していたのは300万年前とされてきたが、今回発掘された骨は1万8000年前のものだという。骨自体は頭骸骨、大腿骨、腰骨などがよい状態で維持されているらしい。 

 また、2005年10月には別の個体の顎の骨だという。また小型の象の骨も一緒に見つかり、火をおこした跡もあることから、火を使う技術はあった事がわかった。

 このインドネシアの小型人類は、発見された土地の名前から「ホモフロレシエンシス」と名付けられた。

関連動画
The “Flores Man “: nicknamed the ” Hobbit ” !

(監修:山口敏太郎)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る