奇妙な雲と共に姿を表した青く光るUFO!二つを結ぶものとは?

こちらの写真は、アメリカ・ニューヨークのメディナにてとある夫婦が撮影したものである。

5月17日午後7時ごろ、夫婦は自宅の外を連れだって歩いていた際に異常な雲に気づいたという。




「空に、まるでツイスターのような形の雲が出ているのに気がつきました。 そこで私達はカメラを手にして、観測しながら何枚か写真を撮ったのです」と妻は語る。

そして彼女が空をぐるりと見回した時、”青く燃える球体”が雲の間から顔を出しているのに気がついたという。この時撮影されたのが記事の写真だ。確かに雲から下半分だけ覗かせた青く光る謎の球体がカメラに捉えられている。

太陽も一緒に写り込んでいるため、一見レンズフレアにも見えるが、夫婦は間違いなく肉眼で同様の物体が確認できたと証言している。

目撃者の夫婦によれば、この青く光る物体は約2分程浮かんでおり、「だんだん私達の方に近づいている」ように見えたという。そして、約500フィートの距離まで近づいたところで消え去ったそうだ。




果たしてこの物体は何だったのか。海外のUFO研究家らからは、ちょうど1ヶ月前にイタリアのウェブカメラが同様の現象を捉えて いたという報告が寄せられている。また、ノルウェーでも2009年に類似のケースが確認されていたそうだ。

螺旋状の雲と発光体UFO、二つを繋ぐものは何なのか。多くのUFO研究家がこれらの現象を興味深く見守っている。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る