何かが起きる前触れ?血の涙を流すマリア像が発見された!

キリスト教圏で発生し、奇跡と崇められたり不吉な事が起きる前兆かと噂されたりする現象に、マリア像やキリスト像が涙を流すというものがある。陶器や木で出来ているにも関わらず、人間のように涙を流し、時には血の涙が流れることもある。

先日、アルゼンチンのサルタ州にある教会にて、陶器のマリア像が血の涙を流した事が判明し地元で話題になっている。




発見者はある朝、礼拝の前にマリア像を見てみたところ顔が汚れていることに気がついた。そこで綺麗にしようと近寄ったが、汚れに見えたものが血であり、像の目から溢れているような様子だったことに気がついたのだ。

この現象は地元の人々の間で話題になり、ラジオ局が報じたことでアルゼンチン国内中に知れわたって多くの人が一目見ようと詰めかける事態になった。

人々の中には、現在世界情勢がにわかに不穏になってきているので、戦争などの不吉な事が起きる前兆ではないかとする意見も出てきている。




だが、勿論疑問視する声もあり、この教会の司祭はうかつに奇跡や不吉の前兆と騒ぎ立てる前に、像や血液について科学的な検証を行うべきだと冷静なコメントを残している。

果たして、アルゼンチンのマリア像に起きた現象の真相は?

(加藤文規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
Esta es la historia de la Virgen que llora sangre en Metán

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る