大河ドラマ都市伝説、花の呪い「花の文字がタイトルに入るとヒットしない」?!井上真央の『花燃ゆ』は呪われていた!

松本潤との結婚が噂されている井上真央だが、自らが主演した大河ドラマ『花燃ゆ』は、視聴率の数字的には失敗に終わった。

この背景にはある呪いがあったとされている。

大河ドラマの題名に「花」が入ると大ヒットしにくいとささやかれる“呪いのジンクス”があるのだ。

視聴率の記録が残る1963年以降、大河ドラマの題名に「花」が入る作品は4作。

63年「花の生涯」(平均20・2%)、
77年「花神」(平均19・0%)

一見よさげに見えるが、娯楽が少なく視聴率が30%超えの作品が多数あった昭和時代においては良い数字ではない。

この傾向は、平成時代に入ると顕著になる。

94年「花の乱」(14・1%)は、12年に「平清盛」が下まわるまで20年近く、大河ドラマの視聴率ワースト記録だった。

つまり、「花燃ゆ」の失敗は、花の呪いによるものだった。

和田大輔





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る