【動画必見】テレビクルーの前に伝説の修道士の幽霊が姿を現した!?

こちらの動画は先日、イギリスはノッティンガムシャー州ニューアークのパブで撮影されたものである。

昨年8月イギリスの心霊番組「ゴースト・ディメンジョン」が幽霊の伝説と正体に迫る番組を撮影していたところ、建物に撮影クルーらとは違う黒い人影が浮かび上がった。一瞬だけであるが、2階の向かって右から2番めの窓に黒い人影がすっと横切る様子が映っている。




しかし、すぐ隣や先にある窓には人影が出てこない。特に、人影が向かった先は内部を撮影できるよう室内に照明が点けられていたため、もし誰かが横切ったりしたらすぐに姿が浮かび上がるはずだ。

番組ディレクターは、撮影スタッフの全員が建物の外にいたと主張しており、また現在の主人であるパブの店主も、撮影時は邪魔にならないように自宅にいて店から離れていたため、建物のなかには誰もいなかったのである。

なお、この動画を撮影したカメラマンは建物のパンショットを撮影しており、この人影が窓を横切って歩いていることに気がつかなかったし、後に撮影で家に入った後も誰もいなかったことを確認している。



この地域の伝説によると、この地の地下には秘密の通路が網の目のように張り巡らされており、クスベール(Cuthbert)と呼ばれる僧侶の幽霊がその中をさまよっているというのだ。

番組出演者らは、窓に浮かんだ人影はフードを被っているように見えるため、この修道士の幽霊が出たのではないかと信じているそうだ。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
The Rutland Arms Monk Cuthbert – Exclusive Footage

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る