40年経っても忘れられない恐怖のUFO体験

1974年、カナダで一度に複数のUFOが目撃されるという事件が起きた。

農夫のエドウィン・フール(当時36歳)は、午前11時頃にブドウ畑で収穫作業をしていたところ、離れた所にある牧草地に見慣れない金属製のドーム形の物体が存在している事に気がついた。




調べてみようと彼が近づいた所、ドーム型をした4つの大きな金属製の物体が約30センチほど浮き上がり、下に生えている草を巻き込みながら回転している事に気がついた。

彼が恐ろしさを感じて後ずさった所、急に金属製の物体の一つが急上昇した。他の3つも続いて浮き上がると、60メートルほど上空で停止した。それぞれの物体の底には噴射口のような大きな穴があり、そこから灰色の蒸気が吹き出してきたという。蒸気はUFOの真下の芝生を平らにし、その後4つの物体はは一直線になって編隊飛行しながら雲の上へと消えていったという。

後にフール氏は、近くの牧場で牛が何者かに怯えて暴れ、フェンスを壊した形跡を発見したり、4つの金属物体が着陸していたところを確認してみると、右回りに渦を巻いた5つのリング状の痕跡を見つけることができたという。




ちなみに、草が高熱に晒されたような形跡は見られなかったという。他にも、近隣の地域で同様のサークルが発見されたという報告が複数寄せられたという。

40年以上前の事件であるが、彼は今も当時の様子を鮮明に覚えており、やはり恐怖を感じていたとインタビューで語っている。

関連動画
Interview with Canadian Farmer Edwin Fuhr about his Encounter with UFOs in 1974 – FindingUFO

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る