TDL水処理施設でえい児の遺体、園内で流産?堕胎?…事件の可能性!

 3月16日午後1時50分ごろ、東京ディズニーランドに隣接する水処理施設内で、業者から「えい児の死体のようなものがある」と通報された事件があった。

 調査を開始した千葉県警によると、えい児の遺体は15~20センチのぐらいの大きさで性別は不明。また腐敗などはなかったという。

 遺体が見つかったのはトイレの汚水を処理施設であったとされ、遺体は園内のトイレから流れ込んだ可能性があるという。




 東京ディズニーランドの施設で発生したこの事件。ネットでは「園内で流産した女性がいた?」「生まれたての赤ちゃんが園内水路をぐるぐる回ってたということか…」と話題になっているという。

 今回の痛ましい出来事もえい児の性別や名前も不明のためにお蔵入り事件になると思われるが、警察および東京ディズニーランド側は引き続き調査を行なっているという。

(若葉イチロウ ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る