江戸時代・駿府にて・徳川家康が肉人と遭遇

牧墨僊(まきぼくせん)によって記された「一宵話」の二巻に奇妙な話が記載されている。あの江戸幕府を開いた徳川家康が、駿府城にてまるでグレイのような小型エイリアンと接触していたと思しき記録が残されているのだ。




慶長14年(1609年)4月4日朝ある日の朝、駿府城の庭に異様な姿をしたヒトガタが立っていた。手足はあるものの、指はなく、ひたすら天を指し示している。不気味な容姿は「肉人」とでも表現したらよいだろうか。家臣たちは大騒ぎになり、「なんだ!あれは、妖怪か、人か」「こやつは、どこぞの間者か」と口々に騒いだが、どうにもならない。騒動が大きくなったので、大御所である家康の耳に入れた。

すると、家康は「何処か、人目のつかぬところに追い払ってしまえ」と指示を出した。結局、家臣たちが総出で追い掛け回し、肉人を城から、遠い小山の方まで追い立てて捨ててきたという。

後日、この話を聞いた物知りの人が嘆きながら言った。

「なんとも惜しいことをしたものだ。大御所様の周囲にいた家臣たちが、学がない者ばかりだったため、稀に見る仙薬を入手できないようになってしまった。この肉人は、『白沢図』に載っている『封(ほう)』という存在であり、この肉を食べると滋養強壮になり、武勇も増したのに、まったくもったいない」

この話、一見よくある妖怪話に見えるのだが、エイリアンが当時の政権の実力である徳川家康にコンタクトを求めてきたという可能性はないだろうか。

現代でも、ロシアやアメリカの大統領に対し、エイリアンがコンタクトをとっていると噂されている。ならば、江戸初期の日本に飛来したエイリアンが家康と接触してもなんら不思議はない。

※本連載は『フーミー』および『まぐまぐ』で毎週配信中の山口敏太郎メールマガジン『サイバーアトランティア』の傑作選です。
現在会員募集中なので気になった方はぜひ定期購読をお願いいたします。

【メルマガの登録はこちらまで】
フーミーhttp://foomii.com/00015
まぐまぐhttp://www.mag2.com/m/0001368191.h





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る