【実話怪談】豚魂

 平成の初期、ある学校での話である。
 その学校は元々、牛馬や豚の処理工場であった。故に動物たちの幽霊が出ると噂された。
 ある時など、居残りで勉強している学生たちがいた。

 「ちくしょ、追試かよ」
 生徒たちはこの問題が解けないと帰れないのだ。
 「困ったな」
 悩む彼らの横を奇妙な物体が移動する。
 (…ん!? なんだぁ、今のは)一瞬だけ、視界を横切る怪しい影。
 再び横を走る影をもう一度観察した。



 「ひぃぃ」
 生徒たちは全員一斉に立ち上がった。
 ――――首のない鶏が走りぬけていったのだ。
 また、廊下を歩いていると…。向こうから巨大な牛が走ってくる。
 「なんだ、あれは」
 「きゃあああ、牛よ」
 このままでは、こちらに突っ込んでしまう。生徒たちがパニックになると…。牛は突然、急停止し、頭部から夥しい流血を噴出する。

 「きゃあああ」
 女生徒が金切り声をあげた。すると、牛は泡のように消えた。

 またこんな事もあった。
 夜に宿題をする為に、教科書を取りに行った生徒がいた。
 「ああ、忘れ物なんかするんじゃなかった」
 彼は嘆きながら学校に入っていった。そして、教室に入り、自分の机の中にある教科書を探していた。
 「暗くてよくわからないな」
 つぶやく生徒。
 何度見ても、まったくわからない。すると、急に周囲が明るくなった。
 「おお、助かった、なんだぁ、ヘリコプターかぁ」
 彼は喜んで教科書を見つけた。
 「これだ、これだ」



 喜んだ彼がふと、教室の窓を見ると…。――――光る豚が飛んでいた。白く発光する豚、数頭が夜の校庭の上に漂っている。
 「なんだぁ、こいつら」
 生徒は後ろ向きに走り、そのまま学校から逃げ出した。生徒が祖母から聞いた話によると、それは豚魂というもので、豚の加工をしていた現場にはよく出たものだという。

 「僕は、あれ以来、お好み焼きの豚タマを食べられなくなりましたよ」
 生徒は笑った。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る